血液サラサラに効くお茶の種類って?お茶の効果と飲み方

 

ドロドロな血液よりは血液サラサラな方が健康であるといっても過言ではありません。誰だっていつまでも健康にいたいですよね。

 

健康はお金では買えません。日々の生活習慣が健康を害すものかそうでないかで決まってきます。そこで今回は、お茶を利用した血液サラサラ法について紹介します。

 

 

ドロドロ血液の原因は

血液サラサラにするのは体に良いのは分かってるけど、どんな生活習慣がドロドロ血液になるのか説明します。

 

原因①:加齢

若い頃は細胞も活き活きとしていて元気でした。しかし、体と同じように細胞も年を重ねれば老化します。血液とてそれは例外ではありません。

 

原因②:カロリーの過剰摂取

いわゆる暴飲暴食です。私たちの体は口から食べたものからエネルギーを得て、消費するわけですが、摂りすぎたカロリーは脂肪となって蓄積されます。

 

脂肪が蓄積されれば血液中に当然ながらコレステロールなどが多く含まれるためドロドロになります。血液中に使われなかった糖分が存在することでも血液はドロドロになります。

 

原因③:運動不足

やはり若い頃は基礎代謝といってなにもしなくてもエネルギーを消費できていましたが、年をとってからは若い頃と比べて消費エネルギーが減っています。

 

その結果、同じ量を食べてもエネルギーの過剰摂取につながります。

 

原因④:偏った食事

肉類を好む人は食物繊維が不足したりするのでどうしても血液がドロドロになる傾向にあります。

 

原因⑤:お酒とタバコ

お酒は百薬の長と言われ少量ならば血の巡りを良くしてくれますが、飲み過ぎれば利尿作用があり反対に脱水をおこして血液をドロドロにしてしまいます。タバコはタバコに含まれる有害物質が血液をドロドロにしたり、血管の弾力を失わせます。

 

原因⑥:ストレス

ストレスは交感神経に作用して血管を収縮させたり血液中にコレステロールを含むように作用するため、結果として血液をドロドロにしてしまいます。

 

 

生活習慣を省みてみよう!

血液がドロドロになってしまうのは生活習慣と密接な関係があることが分かったかと思います。

 

血液サラサラを意識するのであれば、昔から言われていることですが食事はバランスよく食べる、腹八分目、適度に運動する、禁煙、お酒は控える、ストレスを溜めないということになります。

 

またお茶を飲むことが血液サラサラにしてくれるとも言われています。

 

血液サラサラになるお茶の種類

一言でお茶と言ってもたくさんの種類があります。緑茶、烏龍茶、プーアール茶、ドクダミ茶、麦茶、黒豆茶、ジャスミン茶、さんぴん茶…等々。私も全てのお茶の名前と効能を把握しているわけではありませんのでこの辺で割愛させていただきます。

 

お茶にはカテキンやタンニン、ポリフェノールといった成分が含まれており、これらの成分が血液サラサラにしてくれると考えられています。なかには血糖値の上昇を緩やかにしてくれたり、コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあったりするものもありますよね。

 

ハーブティーなどにはリラックス効果を生じるものもあるのでどのお茶が1番良いとは甲乙つけ難いです。

 

なによりもお茶として水分を摂ることで血管の中に含まれる液体成分も増えるので飲まないよりは飲んだ方がいいのはそういった利点が大きいのではないでしょうか。

 

ただ、高齢者の方のなかには心臓の機能が落ちている方もいるので、そういった方は飲みすぎてしまうことがかえってよくないケースもあるので注意が必要です。

 

まとめ

お茶を飲むことには血液サラサラになる効果があります。ですが、お茶よりも、サプリでしっかりと栄養を補給した方が良いでしょう。当サイトでは、サプリについても紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

>>血液サラサラサプリメントランキングはこちら<<