血液サラサラにおすすめの漢方まとめ:漢方の種類と効果

 

血液は体に表われる様々な病気や症状と深い関わりを持っています。

 

例えば30代の中年期から老年期などによく見られる臓器や脳の血液の滞り、詰まりなどのよる疾患、また、女性では月経不順、冷え症、不妊などにも血液の巡りが深く関わっています。

 

そこで今回は、血液サラサラにしてくれる漢方についてまとめました。

 

 

漢方では血の巡りこそ最重要

漢方の大元である中国医学では身体における血液の巡りや状態を一番と言ってよい程重要視しています。

 

漢方は西洋医学と違い症状そのものに直接作用するというよりは、その人、その人の諸症状から何が原因か考え、体質を改善することで症状を良くするという考え方で成り立っています。

 

つまり血の巡りや状態は人間の体質に大きな影響を与えるため、漢方ではとても大切であるとされているのです。

 

病気や諸症状は瘀血(おけつ)が深く関わっている

漢方における血液が原因の諸症状は瘀血(おけつ)と呼ばれます。これはどのような状態を指すのかというと、血液が汚れてドロドロ、ネバネバになり血液の巡りが滞ってしまうことです。

 

つまり健康でいるためには血液サラサラの状態でいることが不可欠なのです。瘀血は実に様々な血液に関わる症状を引き起こします。

 

例えば頭痛、肩こり、めまい、動悸、貧血、冷え症、のぼせ、疲れ、月経不順、生理痛、不妊、動脈硬化、腎疾患、糖尿病、脳梗塞、高血圧、静脈瘤、心筋梗塞、狭心症など数えればきりがありません。

 

血液の巡りを良くする生薬は西洋で言うセージ

漢方はいくつもの体に良いとされる生薬を調合して作られているものです。例えば血の巡りを良くする代表的な生薬に丹参(たんじん)と呼ばれるものがあります。

 

これは西洋で言うセージと呼ばれるシソ科の植物の根を乾燥させたもので、現地ではスパイスなどに使われてきました。丹参は血液のネバネバを改善してサラサラにし、血管を広げる、血液を詰まらせる血栓をできにくくするなどの作用があるとされます。

 

この丹参が含まれている漢方薬の代表的なものは冠元顆粒(かんげんかりゅう)などが有名です。

 

冠元顆粒は頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸、心臓、脳、血管の病気の効果があるとされ、漢方の中でも特に血行を良くし血液サラサラにする効果が高いとされています。

 

財産よりも貴重な田七人参(でんしちにんじん)

前記した丹参は西洋で言うセージでしたが、漢方薬の元祖である中国には他にも大変に身体に良い効果があるとされる生薬があります。これは田七人参(でんしちにんじん)と呼ばれ、中国の高地で栽培される大変貴重な植物で生薬にしたものはこの人参の根を原料としたものです。

 

その健康に対する効果の高さから金銭などの財産と同等、もしくはそれでも交換できないほど貴重な生薬とされてきました。また、田七人参は育つまで3年~7年もかかるため、なおさら珍重されたようです。

 

田七人参には血管を拡張したり、血液中のコレステロールを下げ、血液の流れをスムーズにし、血液サラサラに保つ効能があるとされます。さらにそれだけでなくサポニンと呼ばれる成分が高麗人参の約7倍も含まれていることでも知られています。

 

このサポニンは全身の血流を良くし、不妊、月経不順など女性の諸症状に効果があるとされている成分です。野菜ではごぼうのお茶などに含まれており、女性に嬉しい成分として愛飲されることも多いものです。

 

さらに田七人参にはリラックス効果のあるフラボノイドなども含まれています。血流はストレスなどによっても滞ってしまうので、内面からも血液サラサラ効果が期待でき、なお嬉しい生薬と言えるでしょう。

 

他にもある血液サラサラで健康になる漢方

この他にも漢方には血液サラサラで健康になる効果のあるものがたくさんあります。例えば活血瘀剤(かっけつおざい)はその名の通り瘀血(おけつ)を改善するために作られた漢方薬です。

 

瘀血は東洋医学の世界では緊張状態や、貧血状態の症状も表しているとされ、活血瘀剤は血液サラサラの状態にし、身体の血流も良くする効果があるとされているのです。

 

活血瘀剤の他にも血液サラサラ効果を促す漢方として、冠源活血丸(かんげんかっけつがん)血府逐瘀丸(けっぷちくおがん)などがあります。

 

これらは血管の中の血液サラサラ効果が期待できるため、中年以降に多い病気、高血圧やめまい、動悸、頭痛、肩こりなどの改善効果が期待できるとされています。

 

このように漢方の世界では血液の状態や巡りが健康状態に大きな影響を及ぼすとされているのです。

 

血液から発症する病気の数々は運動、食事バランスなどを見直すことが大切とされていますので、生活習慣を見直しながら、漢方も補助として取り入れていくとよいでしょう。

 

まとめ

漢方は、血液サラサラを実現したい人にとっては、うれしい成分が含まれています。漢方以外に血液サラサラになれる方法は、サプリで栄養を補うことです。

 

当サイトでは、血液サラサラサラサプリも紹介しているので、参考にして下さい。

 

>>血液サラサラサプリメントランキングはこちら<<